饒舌なる★指先

生存報告

放 THE 心

いろんなものに無頓着すぎて傘やモバイルバッテリーを持ち歩かないから、ちょっと遠出するとだいたい後悔する、ぺいこです。

 

今日は携帯が死んでもノートとペンがあったから気持ちをバーーーッって書き留めることができた。よかった。

 

「どろどろどるーんぷらすてぃっく」で共演したよねさん、すー、しのが出ている京都学生演劇祭に行ってきました!

 

観劇したのは、

Cブロック

遊自由不断、「花満たし」

ソリューションにQ「ハムスターの逆襲2106」

劇団西一風「ピントフズ」

Eブロック

劇団月光斜TeamBKC「Sensibility」

スーパーマツモト2「泣けるモラル」

青月ごっこ「お悩み、遅っくおん!」

の6本でした。

 

各団体、各作品に関する細かい感想はまたぽつぽつ語らせてください。

とりあえず終演まではどの団体も外野に惑わされることなく突き進んでほしいと思ったのです。

 

私は今日、

同調ではなく心底おかしかったから、込み上げてくるのにまかせて笑い、

同情ではなく舞台上に載せられた感情に共鳴するままに嗚咽し、

本当に本当に感情を揺さぶられました。

 

感情を揺さぶるモノにもっと触れたい。

感情を揺さぶるモノをこの手で創りたい。

この気持ちが続く限り私は本や漫画を読み続けるし、映画や舞台を観続けるし、音楽を聴き続けるし、

お芝居を続けたいし音楽をやり続けたい。

そう思いました。

 

それからお芝居に関しては、稽古場であったであろうひらめきとときめきの量と質が、クオリティを左右してるんじゃないかなぁ、なんて思いました。

ただの稽古量でもただの稽古の質でもなくて、ひらめきとときめき。

 

演者スタッフ皆同世代の方というのも大きいと思うのですが、すごく刺激的で、すごく疲れて、でも嫌な疲れじゃなくて、めちゃくちゃ充実した日になりました。

 

今月はいろいろとインプットしまくる月にしたいぜ!

 

明日は早起きできたらジャムコントいきます。早起きできなくても日本エレキテル連合の単独公演いきます。どうやら今度はお笑い漬けの日になりそうだ。