饒舌なる★指先

生存報告

生きてはいるけど

生きてはいるけどそこそこヘヴィな風邪にダウンしてましたぺいこです。

 

気付いたら1ヶ月以上更新しておらず…

もはやはてなブログのアカウントごとなかったことにしてやろうかなどと思っていました。

どうせなら何か面白いこと書きたいんですけどね!そうこう言っているうちに現実世界ではいろいろな出来事が過ぎ去っていきました。

 

何か言うとしたらルミナリエの屋台ですね。毎年出ててかなり人気のあるらしい担々麺とスープ餃子の「金魚」を、今年は劇団カメハウスがプロデュースしてて、そこに販売キャストとして参加させていただきました。

f:id:paradisechura35:20161218232827j:image

実盛さんの作ったお衣裳はやっぱり本当に素敵…

イルミネーションの中ラブラブオーラ満載に歩いていくカップルを横目にカタコトで売り子しました楽しかったです!!!!!!!!!!!!

いやほんとに。楽しかったです。

 

めっちゃどうでもいい話なのだけれど、イルミネーションとか夜景ってそんなに心惹かれないんですよね。

いや、それを眺めているその時はキラキラしてて綺麗だなーとか思って

イルミネーションの場合は美しさを計算されて作られた配色や配置に対して感動するんですが、あーだから夜景の方が余計に

ロマンチックとまでは感じない

人工物だしなぁ…ってなってしまう

それより星空みようぜ星空ってなる

プラネタリウムは好きですよ、あんまり行かないけど

あと花火は音とスケールと季節感と職人技へのリスペクトでテンション上がります

 

たぶん夜景の見えるレストラン(ベタすぎて平成初期のドラマかと思うよな)とかでプロポーズされたら100年の恋も醒めて断っちゃうかもしれないから私にプロポーズしたい私クラスタ(いるかそんな酔狂)は覚えておいてください

夜景の場合は標高高いところにしばらくいて見慣れたっていうのもあるかもしれませんね

自分でも捻くれ者だなぁと思います。

 

そんなわけで星空のメチャクチャ綺麗な実家にクリスマスイヴに帰れるのがとても楽しみなのでありました、おしまい。