饒舌なる★指先

生存報告

ラジオで聴いてたあの曲は

北国の春』からの流れで、このところ演歌とか昔の歌謡曲とかをちょっとずつ聴いている。

それで、小学5、6年くらいの頃にラジオで流れていてなんとなく心に残っている演歌を思い出した。

というのも、ちょうど祖父母とご飯を食べるくらいの時間に1時間くらいノンストップで歌が流れ続ける録音番組があって、しかも同じものが一定の周期で放送されるので、その曲を数日だか数週間だかに一回は聴いていたのだ。

ちょっぴり背伸びしたような歌詞とハリのある歌声が可愛らしくて、印象に残っていたその歌の、タイトルは知らないが歌詞は覚えていたのでぐぐってみた。便利な世の中。

これだ。

とてもかわいい。

ラジオはこういう出会いがあるから良い。

近々大好きな友人がローカル局ラジオパーソナリティを始めるらしいので、とても楽しみにしている。

 

そうしてYouTubeをいろいろ見ていたら、おすすめ欄に好きなバンドの、発表されたばかりの新曲が出てきた。

これだ。

めたゃヘビー…

でも、正直これ聴いて初めてアルバム買いたいって思った。

女王蜂はギラギラと挑発的なパンチの効いた曲もあり(特に何年前とかのに多いような気がする)、洗練されてノリやすくお洒落な曲もあり(特に最近多いような気がする)、どっちも好きなんだけど、

たまにこういう、曲調はどうあれズシンと重くてしばらく立ち直れなくなるような曲を出してくる。

そしてふと、ああアヴちゃんはこれを歌うために今まで生きてきはったんかなって思う。

てかご本人がTwitterで仰ってたけどさ。 

だいたいアルバムに一 1曲か数曲そういうのが入ってて、ハッとさせられる。お洒落なだけのバンドじゃない。いやもちろんお洒落な感じの曲もめっちゃ良くてめっちゃ好きやけど。

ズシンとくるような歌を歌えるようになりたい。人生経験も足りなければ、足りない人生経験を埋められるだけの歌唱力も表現力も足りてないと思うから、がんばる。

 

イヤリング買うた。

f:id:paradisechura35:20170415013046j:image

おしまい。